dit、Vistaとインテルの最新「Centrino」に対応したLAN分析ソフト

WebBCN (BCN) 2007年02月09日 12時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディアイティ(dit、下村正洋社長)は2月8日、Windows Vistaとインテルの 無線LANチップに対応したLAN分析ソフト「OmniPeekシリーズ」の新バージョン 「OmniPeek v4.1」を発表した。2月13日から出荷開始する。税別価格は21万8000円から。OSはXP、2000でも利用可能。

 「OmniPeek」は、米ワイルドパケッツ(カリフォルニア州)が開発したLAN の通信状況などを分析するソフト。最新版では、インテルが提唱する「Intel Centrino モバイルテクノロジー」用の無線LANチップ「Intel Pro/Wireless 3945 ABG ネットワークコネクション」に対応。無線LANカードを使用すること なく、「Centrino」経由で、ソフトを入れたノートPCから無線LANの通信状態 やネットワーク解析などができるようにした。

 また、分散型ネットワーク解析システム「OmniAnalysisPlatform」として利 用した場合に、収集したネットワークのデータを作成するレポート機能「OmniReport Service」を新たに搭載した。レポート機能は別途用意するデータベー スサーバーとの連携が可能。各拠点に配置した分析エンジン「OmniEngine」か らのデータを統計解析し、グラフィックで表示もできる。また、ウェブシステ ムを編集することで、レポート機能をカスタマイズすることも可能。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!