ブロケード、ブレードサーバSANスイッチ向け相互運用性ソリューションを発表

CNET Japan Staff 2007年02月09日 22時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Brocade Communications Systemsは2月8日、同社のブレードサーバSANスイッチと他社製SANスイッチ/ダイレクタ製品との相互運用性を実現する「Brocade Access Gateway」と呼ばれる新しい機能を発表した。

 Brocade Access Gatewayは、Brocadeのスイッチと同社が買収を完了したMcDataのSAN製品との相互運用性を実現するソリューション。2007年下半期には、HP、IBM、Dell、Fujitsu-Siemensおよびその他の企業から提供されるブロケードのブレード型SANスイッチ上で利用可能。SANマネージメントを向上させ、TCO(総所有コスト)を削減することで、ブレードサーバ環境にさらなる価値を提供する。

 新機能は、T11技術委員会が相互運用性と拡張性を高めるために複数のSANデバイスを仮想化する手法として標準化したN_Port ID仮想化(NPIV)技術を利用したもの。ブレードSANスイッチ環境を拡張させる初の製品化となる。

 NPIV技術を使用することで、サーバおよびストレージ管理者がより大規模でより統合化されたSANを少ないスイッチドメイン数で管理し、SANマネージメント全体の生産性向上と運用コスト削減を実現する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから