富士ビジネス、日本コムシスのIP電話「comsip」導入--フリーアドレス環境を実現

CNET Japan Staff 2007年02月14日 18時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本コムシスは2月13日、同社のIP電話ソリューション「comsip(コムシップ)」を富士ビジネスに導入し、無線LANネットワークによるフリーアドレス環境を構築したことを発表した。

 富士ビジネスはオフィス移転にともない、comsip導入を決定。日本コムシスは、オフィスの景観を損なわず、安定した通信環境を維持できるアクセスポイントの構築のために、無線LANの電波環境調査「サイトサーベイ」サービスを実施し、アクセスポイントの配置を決めた。

 サイトサーベイは、無線LANの電波環境調査や、周波数分析装置を利用た外部要因調査などを実施し、最適な環境での無線LAN構築を可能にする。

 具体的には、無線LANネットワークを構築する前に、擬似アンテナを立てて試験的にオフィス内のネットワーク環境を測定する。社内レイアウトを変更したり、新たな什器を設置する場合などにも、事前にその変化に合わせた電波環境を測定することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!