ロシアのKaspersky Lab、携帯電話向けウイルス対策ツールをリリース

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年02月14日 19時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアのウイルス対策ソフトウェア企業Kaspersky Labは現地時間2月12日、携帯電話用セキュリティソフトウェア「Kaspersky Anti-Virus Mobile」をリリースした。Kaspersky Labによると、同ソフトウェアは、OSとして「Symbian」か「Windows Mobile」を搭載する携帯電話で利用可能だという。同製品は、無線接続を監視するとともに、PCと同期中に受信したデータやテキストメッセージをスキャンする。

 これまでも、F-Secure、Symantec、Trend Micro、McAfeeなど複数のセキュリティ企業がモバイル機器向けの製品を発売している。モバイル機器への脅威は、まだほとんどが理論上のものばかりであるが、セキュリティソフトウェアメーカーが携帯電話に自社製品を搭載しようと積極的になっているのは、モバイル機器向けセキュリティソフトウェア市場が巨大な潜在市場だからだ。市場調査会社Gartnerによると、およそ8億1200万台の携帯電話やスマートフォンといったモバイル端末が2005年に販売された。それに対し、同年のPCの総販売台数はおよそ2億1900万台だった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したも のです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!