オープンソースCRMをサーバ構築せずに利用できるソフトが提供開始

CNET Japan Staff 2007年02月15日 08時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペースタグは2月14日、オープンソースのCRM(顧客関係管理)ソフト「SugarCRM」をサーバ構築作業なしに利用できるソフトウェアアプライアンス「SugarST」の無償提供を開始した。ソフトウェアアプライアンスとはアプリケーションを最適なシステムソフトウェアと結合して提供されるものを指すという。

 SugarSTは、同社が開発したオープンソーススタック「STServer」とSugarCRMを統合し、短時間でCRMシステム稼働させられる製品。Windows版をウェブサイトから無償でダウンロードできる

 無償配布により、従来高価だったCRMを、容易に試用・導入することが可能になる。システムアップデートを含むサポートサービスは、ウェブサイトを通じてサブスクリプション(購読)形式で供給される予定だ。

 Linux/BSD版や商用版SugarCRMへの対応については、スタック利用によりTCO負担を極小化できる形態で、直接もしくは販売パートナーを通じてSIベースで提供していく。OEM形式での提供も予定しているという。

 今後同社は、すでに販売を開始しているグループウェア「LacoodaST」をはじめ、プロジェクト管理、CMS、ブログ、SNSなどオープンソースベースのウェブ業務ソフトを中心にソフトウェアアプライアンス形式での提供を行っていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!