センドメールなど、統合メールセキュリティアプライアンス発表

CNET Japan Staff 2007年02月20日 11時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 センドメールとクラスキャットは2月19日、、IBMのx86サーバ「IBM System x 3550/3650 Express ポートフォリオ対応モデル」に、スパムフィルタリング、OP25B(Outbound Port 25 Blocking)、サブミッションポートなどの設定機能を統合し、Linuxベースのアプライアンス製品として提供すると発表した。

 同製品は、クラスキャットの「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition 4.1」、センドメールの「Mailstream Manager」および「Mailstream Manager Anti-Spam Option」を搭載。既存のメールシステムに追加導入することで、安全性を高めることができるという。

 この発表の第1弾として、同日からダイワボウ情報システムが「ウィルス/スパム対策インターネットサーバアプライアンス」として販売を開始する。

 税別価格は500ユーザー対応モデルが125万1000円、1000ユーザー対応モデルが191万5300円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?