NECとNTT西日本など、鹿児島県庁向けコミュニケーションシステムを構築

ニューズフロント 2007年02月20日 20時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NEC、NTT西日本、エンプレックスの3社は2月20日、鹿児島県の県庁にウェブベースのコ ミュニケーションシステムを納入したことを明らかにした。

 このシステムは、行政と県民による双方向コミュニケーションの活性化を目的としたもの。県庁全体でウェブページを共通管理/運用できるコンテンツ管理システム(CMS)と、メールマガジン配信やオンラインアンケート運営が可能なCRMシステムで構成している。システムにはエンプレックスのパッケージソフト「eMplex CMS」「eMplex EM」を採用し、構築はNECとNTT西日本が担当した。

 このシステムにより、県庁ウェブページの画面レイアウトとナビゲーションを 統一し、県民への情報提供サービス機能を改善したという。3社は「メールマガジン とアンケートの活用により、行政と県民の双方向コミュニケーションを活性化し、県 民の行政参加意識を高め、県民の声をいかした県政を実現できる」としている。

 また、約140課の担当部門で直接ウェブページを更新できる運営体制を整備し、 更新頻度を高めた結果、現在1日当たり約50件の情報追加/更新がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから