クエスト、パートナープログラムを開始--日本市場への進出に本腰

柴田克己(編集部) 2007年02月22日 21時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クエスト・ソフトウェアは2月20日、日本市場においてパートナープログラム「Quest Software Japan Official Partner Program」(Quest Partner Program)を開始した。プログラムの体系化による、パートナーとのリレーションシップを強化により、日本市場におけるシェア拡大に本腰を入れて取り組むという。

 同社は、Windows、Exchange、SharePoint、SQL Serverといったマイクロソフトプラットフォーム向けの管理ソリューションを主に提供する企業。また、「JProbe」「JClass」といったJ2EE環境向けの開発支援ツール群も同社の製品である。

 Quest Partner Programは、パートナーが取り扱っているソリューション別に「Windows」「Database」「Application」の3つのカテゴリに分かれ、また取り扱うソリューション数によってPlatinum(2カテゴリを扱い、1つのカテゴリで2製品以上を扱う)、Gold(ソリューションカテゴリを扱う)、Silver(Platinum、Gold認定のパートナーとビジネスを展開する2次店)の3グレードに分かれる。

クエスト・ソフトウェア社長の公家尊裕氏 クエスト・ソフトウェア、代表取締役社長の公家尊裕氏。

 現時点でPlatinumの認定を受けているパートナーは、CSK WinテクノロジとソフトバンクBBの2社。Gold Partnerについては、Windowsカテゴリではニッセイ情報テクノロジー、Databaseカテゴリでは日揮情報ソフトウェアと日商エレクトロニクス。Applicationカテゴリではグレープシティの各社となっている。クエスト・ソフトウェアでは、2007年末までにPlatinumおよびGoldパートナーを10社、Silverパートナーを30社発表する予定としている。

 今回のパートナープログラムの開始に加え、今後同社では、日本市場へのより積極的な投資を行い、ワールドワイドにおける日本市場の売上シェアを、現在の1%未満から、2011年までに10%まで拡大することを目指す。日本版SOX法に対応した監査ツール、バックアップリカバリツールなどを中心として、各製品の積極的な日本語化を進めると同時に、日本法人の社員数も現在の16名体制から2008年会計年度には50名規模へと拡充する計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?