マクニカ、PC用NFSクライアントソフトの最新版を3月発売--Unicode完全対応など

ニューズフロント 2007年02月23日 15時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクニカネットワークスは2月23日、PC用NFS(Network File System:共有ファイルシステム)クライアントソフトの最新版「NFS Maestro Solo 2007J」「NFS Maestro Client 2007J」を3月1日より販売すると発表した。

 NFS Maestroは、カナダHummingbirdの製品。Windows 2000、XP、Server 2003、x64 EditionなどからUNIXマシンのNFS上のファイルにアクセス可能とするNFSクライアントソフト。Windowsのエクスプローラに対応しており、NFS領域のファイルシステムをローカルドライブと同様の手順で参照できる。

 最新版は、Unicodeの完全対応、NFSv4接続でのシンボリックリンク作成機能、LIPKEY認証の対応といった機能強化を施した。ユーザーインターフェースの改善も行った。

 NFS Maestro Soloが基本的なクライアント機能を提供する製品であるのに対し、NFS Maestro Clientは保守用のツールなども同梱する。1ユーザー当たりの税込み価格は、NFS Maestro Soloが3万1290円、NFS Maestro Clientが5万6700円。サイトライセンスも用意する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR