NEC、欧州の組織にIPベースのコミュニケーションシステムを納入

ニューズフロント 2007年02月26日 15時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは2月26日、マークスコミュン市役所(スウェーデン)とデンマーク国立教育大学に納入した統合型コミュニケーションシステムの本格稼働開始を発表した。

 両システムは、ウェブ会議、IP電話、FAX、メールを統合して処理できるユニファイドコミュニケーションシステム。オランダRoyal Philips Electronicsとの合弁会社NEC Philips Unified Solutions(NPUS)が納入した。SIP対応IPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」、NPUSのIP-PBX「SOPHO iS3000」、マイクロソフトのオフィス向けコミュニケーションソフトで構成する。

 同システムにより、インスタントメッセージング(IM)や動画による情報発信、音声メール、電話の通話状態確認、プレゼンスに応じた転送といった電話操作が、Microsoft OutlookなどのMicrosoft Officeアプリケーションから行える。マークスコミュン市役所では約1500人、デンマーク国立教育大学では約約450人のユーザーが、同システムを利用する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから