MSOL、利用者情報がわかる、おサイフケータイ用リーダー/ライター

WebBCN (BCN) 2007年02月27日 11時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 丸紅ソリューション(MSOL、吉光澄社長)は2月26日、非接触IC「Felica(フェリカ)」を搭載した決済機能付き携帯電話「おサイフケータイ」用のリー ダー/ライター「ラピナビ(RapiNAVI)」を発売したと発表した。

 専用ソフトを使って、事前に設定することで、「おサイフケータイ」をかざ した時に、ウェブサイトへの誘導やメール配信、クーポン券・店頭案内などの 配布といった動作を自動的に実行させることが可能。設定はパソコンや携帯電 話から行うことができる。利用時には7色のイルミネーションで動作を知らせ る。

 ウェブサーバーと連動しており、リーダー/ライター使用時に、「おサイフ ケータイ」利用者の属性と位置情報を特定する独自機能を搭載。「おサイフケー タイ」が持つ固有のID番号と、「ラピナビ」が持つ端末IDと個々のおサイフケー タイをリーダー/ライターにかざした回数(カウンター情報)の情報をデータ ベース化することで、ユーザーの利用内容や利用場所を特定できるようにした。

 「ラピナビ」の利用企業は、取得したデータを使って、マーケティングなど に活用することが可能で、ユーザーの属性に合った情報やサービスの案内など の配信が行える。

 NTTドコモとau(KDDI)・ソフトバンクモバイルの端末を判別する機能も装 備。NTTドコモの端末利用者にはドコモのおサイフケータイ用クーポン券・店 舗情報などの情報配信サービス「トルカ」を配信し、そのほかの携帯電話会社 の端末にはURLを配信するといった使い分けができる。

 MSOLではドコモ、au、ソフトバンクのすべての携帯電話で動作確認済みだが、 利用企業の要望があれば、別途端末の検証サービスを有料で提供する。

 通信速度は212kbps(キロビット/秒)、搬送周波数は13.56MHz。変調方式 にはASK、ビットコーディングはマンチェスタ符号化方式を採用。サイズは奥 行き95×幅62×高さ18mm、重さは約70g。

 価格は、「ラピナビ」本体が3万9800円から、動作設定などを行う専用アプ リケーションが9万8000円から。MSOLでは通信会社や金融機関、スーパーや百 貨店などの小売業、航空・鉄道会社、ホテル、アミューズメント施設などをターゲットに販売。初年度で4億円の売り上げを見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR