NTTコム、UTMアプライアンス「FortiGate」をセキュリティサービスに採用

CNET Japan Staff 2007年02月27日 14時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Fortinetは2月26日、同社のネットワークセキュリティ製品とサブスクリプション・サービスが、NTTコミュニケーションズITマネジメントサービス事業部のUTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)マネージドセキュリティサービスに採用されたことを発表した。

 同サービスでは、ゲートウェイアンチウイルスを基本機能として提供。ファイアウォール、VPN、不正侵入防御、ウェブコンテンツフィルタリング、アンチスパム、アンチウイルス、アンチスパイウェア、インスタントメッセンジャー対策、PtoP対策などの機能を拡張できる。

 サービスには、ネットワーク上に設置したUTMアプライアンス「FortiGate-50B」とNTTコムのセキュリティオペレーションセンターにある「FortiManager」「FortiAnalyzer」「FortiGate」を利用した遠隔監視とメンテナンス、およびフォーティネットのFortiGuardセンターおよびGlobal Threat Response Teamによる対応が含まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから