首都圏のデータセンター、今後は価格競争に--IDC Japan調べ

CNET Japan Staff 2007年02月27日 17時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT専門調査会社のIDC Japanは2月26日、国内データセンターサービス市場規模予測を発表した。

 同調査によると、2006年の同市場(コロケーションサービス、ホスティングサービス、ITサービス)は前年比15.2%増の5930億円。2010年には9854億円に達するものと見込まれる。企業のサービス拡充、顧客増加によるサーバ増強や、金融機関におけるバックアップサイトの構築に対する需要が市場の伸びに寄与した。

 一方、首都圏のデータセンターはベンダーによる施設増床が続いており、市場が飽和する見込み。供給側に余裕ができることで、今後は新規顧客の獲得競争が高まることが予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR