音声認識ソフトで単語辞書データを生成するためのプログラムがオープン化

CNET Japan Staff 2007年02月27日 20時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロジスティクスシステムの村田機械は2月26日、音声認識ソフトウェア「Julius」をベースとした単語辞書データを生成するためのプログラム「vocab2htkdic.rb」をオープンソースとして公開したことを発表した。

 vocab2htkdic.rbは、UNIX系OS環境で使用でき、多言語データ対応を可能にしたJulius用の辞書データ生成プログラム。なお、同ソフトはRubyで書かれてある。

 オープンソースソフトウェアとして開発プロセスが公開されているJuliusと同様に、オープンソースプログラムとして配布する。同社ウェブサイトで公開される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!