日本HPと住商情報、HPC分野で協業し検証施設を共同設立

ニューズフロント 2007年02月28日 15時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)と住商情報システム(SCS)は2月28日、高性能コンピューティング(HPC)分野で協業するとともに、検証施設「HPC共同検証センター」(仮称)を設立すると発表した。

 日本HPとSCSは、2003年12月にHPC分野でシステム販売、インテグレーション、サービスに関する提携を結んだ。今後は、提携範囲を広げ、市場開拓、プリセールスから検証、提案、運用/保守までの各フェーズで、協業を実施していく。主な活動は以下の通り。

  • 市場開拓:広告、イベント、マーケティング活動の共同展開
  • プリセールス:コンサルティング、営業、共同提案の実施
  • 検証:HPC共同検証センターで共同ベンチマークの実施
  • 提案/構築:両社の技術者による構築支援
  • 運用/保守:サービス/サポートの共同提供

 HPC共同検証センターは、東京都中央区のSCS施設内に日本HPが設立する。技術者を常駐させ、機能検証、ベンチマーク、サイジングなどを行う。アプリケーションベンダーにも施設を開放する。4月に本格稼働する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから