前ダイエー社長の樋口氏がマイクロソフトへ--社長就任説は広報部が否定

藤本京子(編集部) 2007年02月28日 21時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは2月28日、ダイエーや日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の代表を務めた樋口泰行氏が次期社長に就任するとの一部報道に対し、「社長交代はない」と否定した。

樋口氏 マイクロソフトの次期社長か? 写真はHP社長時代の樋口泰行氏

 樋口氏は、松下電器産業やアップルコンピュータを経て、1997年にコンパックコンピュータ(現日本HP)に入社、2003年に日本HPの社長に就任した。2005年5月に当時産業再生機構の支援で再建中だったダイエーの社長に就任し、2006年10月には社長を退任していた。

 マイクロソフト広報部は、同氏の入社が決定したことは認めつつも、「日本法人の社長はあくまでもDarren Huston。社長交代の予定はない」と、樋口氏次期社長説を否定している。一部報道では3月5日付で同氏が代表執行役最高執行責任者(COO)に就任するとされているが、この件についても「取締役会の承認が降りるまでは役職なども決定したものではない」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?