万川集海 第7回:速いか、遅いか、それは問題か--データの転送速度のお話

高田新(日本IBM) 2007年03月01日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1本の電話

 ある寒い朝、私は電話を受けた。「新しいディスクは毎秒100Mバイトのスピードが出るとおたくの営業から聞いたのに、部下に計らせたら毎秒10Mバイトしか出ない」と、大層ご立腹のお客様。私はコンピュータメーカーのエンジニアだ。さて、どのように説明したら、円満にお客様との溝を埋められるだろうか。

 この電話への対応パターンとしては、以下の3つの選択に集約されるように思う。1つ目は、「これは大問題だ。社内のディスク専門部隊に至急連絡して即座に対応させよう」といった単純思考で熱血に対応するパターン。2つ目は、私がここで書こうとしていることを理解していて、その説明を試みるもの。3つ目は、「最近の高機能ディスクは、いろいろなことが起こりえる、何があっても不思議じゃありませんよね」と答え、ディスク装置がブラックボックス化していることをアピールするパターン。これでお客様を納得させられるかはともかく、現状を是として押し通す輩(やから)が…… おっと失礼、一部とは言え賢明な読者を輩呼ばわりしてはいけない。

処理スピードの基本

 現在の多くのビジネス環境では、ディスクやテープ装置といったストレージ装置とサーバとのデータ転送は、FCP(ファイバーチャネルプロトコル)にて行われていることが多い。そこでのデータ転送速度は、現時点では毎秒2Gビットのものが一般的で、毎秒4Gビットのものが普及しつつあるというのが昨今の状況である。

 このデータ転送速度とはいったい何者か。賢明な読者なら理由はともかく、このデータ転送速度はまやかしもので、一概に信じ込んではいけないものであることはご存知だろう。そもそも、データをサーバからディスクに書き出す場合には、ディスクのデータ受け入れのスピードがボトルネックとなって、毎秒2Gビットものスピードを常時維持することはできない。ディスクからテープにデータを転送するような場合には、ディスクの読み込みのスピードとテープへの書込みのスピードとどちらか遅いほうがボトルネックとなる。

 それでは、話題を最初のエピソードに戻そう。営業が新しいディスク装置は毎秒100Mバイト出るといった。しかしお客様が測定したら毎秒10Mバイトしかでなかった。これは白黒つけねばなるまい。

 実際に測定した結果は正しいはずなので、これは営業のセリングトークが原因であったのか。営業担当に確認すると、社内測定データを基に提示しており、その数値に間違いはないと言う。それでは、両方正しいということになる。ブラックボックスなのだから、何があっても不思議ではない。う〜む。これではこのコラムの意味がない。

 そろそろ謎解きにかかろう。答としては、両方とも正しいというのが正解である。なにしろ両方同じサーバ、同じディスク構成で測定されているのだから。実際、原因には複数の要因が考えられるが、ここではデータの入出力処理(I/O処理)の基本を理解する上で知っておくべき典型的な要因を紹介しよう。それは、1回のI/O処理で転送されるデータの長さである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?