NECソフト、小売り3業態向けウェブ型基幹業務システム「WebMD V2」を展開

CNET Japan Staff 2007年03月01日 13時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECソフトは2月28日、食品スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグチェーンの3業態に対応した、本部・店舗・物流の商品管理を統合するウェブ型基幹業務システム「WebMD V2」を開発したと発表した。

 従来の「WebMD」は、チェーンストアの基幹業務において、商品情報を中心としたデータの一元管理、情報の共有化・リアルタイムのデータ取得など単品管理に基づいた意志決定と業務連携を実現し、年商1000億円の企業規模を想定していた。

 新版では、年商5000億円の企業規模に耐えられるシステムへとバージョンアップした。また、企業価値向上のための企業合併や買収時に、システム統合におけるベース・パッケージの有効活用を評価するため「適合性チェックシート」を利用することにより、最適かつ円滑な導入を実現できるとしている。

 3月から、大手スーパーや小売チェーンから中堅スーパーまでを対象に販売活動を開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!