日本オラクル、小規模環境向け高可用性DB「SE RAC」の導入パッケージ

ニューズフロント 2007年03月01日 14時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは3月1日、小規模システム向け高可用性データベースの容易な導入を可能とするパッケージ製品「Oracle Real Application Clusters for Standard Edition(SE RAC)導入パッケージ」を発表した。パートナー各社が提供する。価格は400万円台からとなる。

 Oracle RACは、高い可用性が特徴のデータベースクラスタシステム。クラスタを構成する全サーバが本番系として稼働するため、障害発生時でも待機系に切り替える必要がなく、切り替えにともなうサービス停止時間が発生しない。

 SE RAC導入パッケージは、小規模システム向けとすることで、従来のパッケージに比べ価格を抑えた。「Oracle Database Standard Edition」のライセンス、「SE RAC」、推奨ハード構成一式、OS、導入サービスで構成する。提供するハードやOSは、パートナーによって異なる。

 現時点で同パッケージを提供するパートナーは以下の通り。

  • 大塚商会
  • キヤノンマーケティングジャパン
  • デル
  • 日本IBM
  • 日本ヒューレット・パッカード
  • 日立製作所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!