新潟県、職員ポータルにINSUITE Enterpriseを採用--対象ユーザーは8000人

CNET Japan Staff 2007年03月02日 13時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドリーム・アーツは3月1日、新潟県が職員約8000人向けの情報ポータルおよびグループウェアとして、ドリーム・アーツの企業情報ポータル(EIP)ソリューション「INSUITE Enterprise:インスイート・エンタープライズ」を採用したことを発表した。

 新潟県は、同製品のシングルサインオン(SSO)機能などを評価。メール、スケジューラ、電子会議室、文書管理といったグループウェア機能を統合した職員ポータルをINSUITEで構築する。

 また、官公庁特有の部署間の情報伝達を効率化するために、DCM(District Coordination Management:部門間協調管理)オプションを導入する。INSUITEの通達機能を拡張するDCMオプションは、部門・役職だけでなく、担当ごとに、必要な情報を振り分けることができ、官公庁をはじめとした大規模組織内において、通知内容の周知徹底を図ることができるという。

 同県は将来的に、組織内に散在するシステムやデータベースの情報をはじめ、埋没した情報とコミュニケーションをウェブブラウザに「見える化」し、ナレッジとして利活用する構想を立てている。

 システム導入は、ドリーム・アーツとNTTデータ信越が共同で実施。職員ポータルは、2007年3月中に構築を完了し、2007年4月から本格運用を開始する予定になっている。

 早くから「電子県庁」の実現を目指している新潟県は、行政経営の高度化、効率化を実現するために、「新潟県行政情報化プラン2006-2008」を策定、ITを効果的に活用する計画を進めている。同県は、既存のグループウェアに代わって、この計画の中核を担う情報システムとして、INSUITEを採用している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!