システムインテ、ECサイト構築パッケージ新版をリリース--CRM機能強化

CNET Japan Staff 2007年03月02日 14時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メイド・イン・ジャパン・コンソーシアム(MIJS)会員のシステムインテグレータは3月1日、CRM機能やダイレクトマーケティング機能を強化したECサイト構築パッケージの新版「SI Web Shopping BtoC版 Ver9」の販売を開始した。

 新版では、同じくMIJS会員のエイジアのCRMアプリケーション「WEB CAS」のメール配信技術に基づくオプション機能を搭載する。このオプション機能を利用すれば、店舗に顧客を集め、顧客が商品を購入、その購買情報を利用して、リピート顧客を呼び込むという流れが実現するという。購買データ、ログなどの分析機能を強化した。

 またSBIベリトランスの「Veritrans電子マネー」による電子マネー決済機能を備えた。これにより、ECサイト運営者は、クレジット決済やコンビニ決済、銀行振込、代引きなどに加えて、新決済の中から顧客の年齢層などに合わせた決済を自由に選択できるようになっている。

 システムインテグレータは同製品でECサイト構築関連のビジネスで4億6000万円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから