マインドとOSJ、OSSの人事給与システムを発売開始--マインドが有償サポート

CNET Japan Staff 2007年03月02日 16時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マインドとオープンソース・ジャパン(OSJ)は、オープンソースをプラットフォームとした情報活用ソリューション分野で業務提携し、マインドが開発したオープンソース人事給与システム「MosP人事給与 Basic版」の販売を3月1日から開始した。

 MosP人事給与は、マインドのERPパッケージから人事給与機能を切り出し、ソースを公開したソフト。オープンソース版は、GPLライセンス、もしくは「オープンソース・ビジネスリーグ by OSCAR」利用許諾契約約款の下で公開され、現在も開発が続けられている。

 Basic版は、オープンソース版で安定動作が確認された機能をベースに、サポートをつけてパッケージ化した商品。インストールや運用に関するメールと電話でのサポートやアップデートサービスのほか、マインドによる導入、教育、カスタマイズなどのプションサービスが用意されている。

 税別価格は39万8000円。各種サービスは10万円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!