メールを完全に外部委託--IIJ、セキュアMXにメールボックス機能追加

CNET Japan Staff 2007年03月02日 17時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、セキュリティ機能を提供するASP型サービス「IIJセキュアMXサービス」に「メールボックスオプション」を追加。3月1日から提供を開始した。

 今回のオプション追加で、企業は自社でメールスプールを持つことなく、メールシステム全体をアウトソースすることが可能になった。メールボックスを含めたゲートウェイシステムは、IIJのメール専門エンジニアが24時間体制で監視してくれるという。

 基本容量は10Gバイト、1通あたり100Mバイトが上限となる。未読メールは60日間、既読メールは30日間の保存期限が設定される。接続元IPアドレスによるアクセス制限も可能だ。

 また、同一企業内でドメインごとにメールシステムを構築・運用している場合や、一部ドメインで他社ISPのホスティングサービスを利用している場合など、社内外に分散したメールシステムをメールボックス機能にまとめることで、企業内メール環境を統合的に管理することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR