トレンドマイクロ、スパム対策ソフト発表--予防から隔離まで4段階の対策

CNET Japan Staff 2007年03月06日 14時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは3月5日、企業向け迷惑メール(スパム)対策ソリューション「Trend Micro Spam Prevention Solution」(SPS)の販売を開始した。

 同製品は、同時に販売を開始する企業向けメールセキュリティ製品の最新版「InterScan Messaging Security Suite 7.0」のオプションとして提供される。予防から検出・隔離まで4階層でスパム対策を行えることが特徴。新機能「IP Profiler」では、「DHA(Directly Harvesting Attack)」と呼ばれるメールアドレス収集攻撃を防止し、スパムの送信を予防することができる。

 また、スピア型攻撃への対策として特定のIPアドレスから一定時間に集中する攻撃をブロックできる。そして、「IPレピュテーション」機能により、メールの受信前に、送信元サーバのIPアドレス情報にもとづいてスパムをブロックすることで、ネットワーク内のメールの流量を減少させ、企業ネットワークへの負担を軽減させることができる。スパムを受信してしまった後も、ヒューリスティックとパターンマッチングの技術を組み合わせたスパムメール対策エンジンにより、95%以上という検出率で検出と隔離を実施する。

 価格は50アカウントで14万円。今後1年間で3億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!