TIS、運用アセスメントサービスを提供開始--ITILベースにCOBITでレベル判定

CNET Japan Staff 2007年03月06日 14時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TISは3月5日、顧客企業のシステム運用業務を分析・評価し、改善策の立案までをサポートするアセスメントサービス「IT運用総点検サービス@TIS」の提供を開始した。

 同サービスでは、企業の業態や対象システムを問わず、ITILベースでTISのノウハウを生かしたサービスを提供する。メインフレームからオープンシステムまで、あらゆるエンタープライズシステムに対応する。

 ハードウェア/ソフトウェア構成、ファシリティ、運用実務、手順書などのドキュメント整備状況、人員・体制を点検する「運用業務の総点検」をはじめ、標準規格ISO/IEC27001に基づいて評価し、米ISACA(Information Systems Audit and Control Association、情報システムコントロール協会)が定めたCOBIT(Control Objectives for Information and related Technology)フレームワークに基づいた評価結果のレベル判定を行うサービスを提供。問題点や課題、改善点などを定量的な評価としてレポートしてくれる。

 価格は500万円から。今後3年間で1億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!