NTTソフトウェア、ウイングアークとの提携で“経営情報の見える化”を実現

CNET Japan Staff 2007年03月06日 17時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTソフトウェアは3月6日、ウイングアーク テクノロジーズとインテグレーションパートナー契約を締結したことを発表。ウイングアークの多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA(ドクターサムイーエー)」の販売、保守、SIなどトータルサービスの提供を開始した。

 NTTソフトウェアは、企業内の内部統制を強化することを目的に、各種経営情報を収集/集計し、可視化する経営情報コックピットソリューション「InfoCabina(インフォキャビナ)」を社内で導入/検証すると共に、企業向けに販売している。

 ウイングアークとの提携により、InfoCabinaの見える化機能をDr.Sum EAにより実現。顧客企業のビジネスに最適かつ柔軟なシステムを提供することができる。

 NTTソフトウェアでは、InfoCabinaをリアルタイム経営モニタリングによる内部統制強化対応の重要ソリューションのひとつとして、基幹系システム構築やシステム統合などの実績をベースにIT内部統制における顧客の企業価値や競争力向上を支援することで、さらなる事業拡大と強化を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!