ウェブエックス、SaaSモデルの企業向けウェブコラボレーション新製品を発表

CNET Japan Staff 2007年03月06日 17時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブエックス・コミュニケーションズ・ジャパンは3月6日、ウェブを活用したコラボレーション(協同作業)やコミュニケーションを、SaaSモデルによりオンデマンドで実現するウェブコラボレーション製品群の日本語最新バージョンを発表。その受注、提供を開始した。

 新しい製品群は、次の5つの製品で構成される。

  • Meeting Center(オンライン会議)
  • Training Center(研修/トレーニング)
  • Sales Center(営業支援)
  • Event Center(オンラインイベント)
  • Support Center(リモートサポート)

 同製品群では、高品質VoIPによる音声会議が可能で、最大7同時通話まで対応しながら、高いセキュリティを実現できるのが特長。すべてのサービスは、セキュアかつ99.99%以上の信頼性を実現する専用グローバルネットワーク「WebEx MediaTone」上で提供され、セキュリティやプライバシーを確実に保護することができる。

 また、インターフェースや操作方法、各種テンプレートが直感的で分かりやすく、容易に会議をセットアップできる。対応プラットフォームは、Microsoft Internet Explorer7、Firefox2.0、Windows Vista、Intel Macなど。詳細は、同社のウェブサイトで紹介されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!