CECとMS、Dynamics CRM活用の営業支援ソリューション分野で協業強化

CNET Japan Staff 2007年03月06日 21時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーイーシー(CEC)とマイクロソフトは3月6日、マイクロソフトのCRMアプリケーション「Dynamics CRM 3.0」を活用した営業支援ソリューション分野で協業関係を強化すると発表した。

 今回の協業強化でCECは、同社の開発したDynamics CRM向け拡張ソリューションを販売する。新ソリューションは、週報・日報の作成を支援する「報告書作成機能オプション」と、問い合わせ履歴を管理する「問合わせ管理機能オプション」。営業報告書の作成や資料請求から受注までの商談履歴の管理が可能になる。

 価格は、どちらも10ユーザーライセンスで15万円。

 CECは今後、営業支援システム導入ノウハウをベースとしたシステム導入企画から構築、運用、利用の定着までを支援する「導入支援サービス」を提供することも検討している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?