日本HP、アジア太平洋地域向けのPC関連ハード標準化購入プログラムを開始

ニューズフロント 2007年03月07日 16時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は3月7日、日本を含むアジア太平洋地域で業務展開する企業向けとして、IT資産(PC、ワークステーション、プリンタ)の標準化購入プログラム「アジア・パシフィック標準化購入プログラム」を提供開始した。

 この標準化購買プログラムは、1年間にPCを約1000台以上購入する見込みのある企業が対象。北朝鮮とミャンマーを除くアジア太平洋地域の各国で提供する。

 同プログラムを利用すると、指定された機種/構成のPC、ワークステーション、プリンタを、あらかじめ合意した価格で発注できる。固有のOSイメージのプリインストールや、固定資産シールなどの事前添付にも対応可能。

 そのため、発注にともなう機種や構成の選択、交渉や見積もり取得などを毎回行う必要がなくなる。また、アジア太平洋地域での発注窓口を集約し、導入したIT資産の管理も同時に行えるため、サポート業務も大幅に簡略化できるという。

 プログラム利用に関わる費用は、ハード価格およびファクトリサービス料金のみとなっており、そのほかに特別な費用は必要ない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから