オラクル、高速処理アプリの開発を容易にするインメモリDB「TimesTen 7」を発表

柴田克己(編集部) 2007年03月07日 22時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは3月7日、組み込み、リアルタイムシステム用途向けのインメモリ・データベース「Oracle TimesTen In-Memory Database7」(Oracle TimesTen 7)を4月3日に出荷開始すると発表した。

 Oracle TimesTen 7は、同社が2005年6月に買収したTimesTenをベースに開発が行われた製品。拡張SQLのサポートなど、Oracle Database 10gとの互換性が高められたほか、バックエンドのOracle Database内のデータをリクエストに応じてロードする動的なキャッシング機能を備える。リアルタイム性の高い処理を求められる機器への組み込み用データベースとしてだけでなく、金融、物流など、特に高速なデータ処理が要求される企業アプリケーションにおけるデータキャッシュとしてのTimesTen導入も推進したい考えだ。

 同社では、証券・債券取引システムにおける自動取引やアルゴリズム取引の採用、インターネットやカード取引における不正使用のリアルタイム監査、RFIDを利用したリアルタイムサプライチェーンの構築など、企業アプリケーションの分野でもより高速なデータ処理が求められるようになってきているとし、Oracle TimesTenの導入によって、そうしたシステムの開発工数や期間を大幅に削減できるとしている。

 オラクルは同日、NECのNGN(次世代ネットワーク)向けソフトウェアプラットフォーム製品群「NC9000シリーズ」の加入者管理機能にOracle TimesTenが採用されたことも合わせて発表している。

 Oracle TimesTen In-Memory Database 7の価格は150万円(税別:データストアサイズ2Gバイト以下)より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから