日本BEA、AquaLogic拡販でパートナー戦略を発表

CNET Japan Staff 2007年03月08日 17時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは3月7日、SOAおよびBPMソリューションビジネスに力を入れるため、サービスインフラストラクチャ製品ファミリ「BEA AquaLogic」製品群の拡販に向けた新たなパートナー戦略を発表した。

 今回の発表でBEAは、パートナー企業向けに提案活動を教育する「SOA University」を開始する。コースは毎月開催し、合格者には修了証書とオリジナルQuoカードが送付される。受講は無料。今後1年間で1000人の修了者育成を目指す。同社サイトから申し込むことができる。

 現在、再販あるいはチャネル販売契約を締結しているパートナー企業向けだが、SOAの導入には実際の顧客システムの開発を行う企業も重要と考え、新規パートナー(BEAプログラム名称:デベロップメントパートナー)の拡大にも、今回のプログラムを活用する予定としている。

 また、AquaLogicをソリューションに組み込むなどの活動を行うパートナー企業向けの新規認定制度「AquaLogic Certified Partner」も開始する。伊藤忠テクノソリューションズ、NEC、日本HPの3社と、沖電気工業、日本ユニシスが加わる見込みで、今後1年間で10社に広げたい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?