米企業製中小向けメールセキュリティアプライアンスをソフトバンクBBが販売

田中好伸(編集部) 2007年03月09日 17時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクBBはこのほど、米IronPort Systemsと戦略的パートナーシップを提携、中小企業向けメールセキュリティアプライアンス「IronPort Blocker」を日本市場で販売することを明らかにした。100ユーザー版が78万円、500ユーザー版が98万円となっている。

 IronPortでは、中小企業向けのIronPort Blockerとは別に、大企業向けのメールセキュリティアプライアンス「IronPort C」シリーズを販売している。IronPort BlockerはIronPort Cよりも価格を抑えているが、ほぼ同等の機能を備えているという。いずれも迷惑メール(スパム)対策、ウイルス対策、フィッシング対策、DoS攻撃対策などメール関連のセキュリティ機能を搭載している。

 今回ソフトバンクBBがIronPort Blockerを販売するのは、IronPortが所有する「SenderBase Network」(送信元IP格付けデータベース)と呼ばれる技術の精度の高さや誤検知率の低さなどを評価したとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR