スターティア、ベリサイン子会社の中小企業向けITシステム監視サービスを提供

ニューズフロント 2007年03月12日 16時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スターティアは3月12日、日本ベリサイン傘下のサイトロックとパートナー契約を結んだことを発表した。これにより、スターティアは中小企業向けITシステム外部監視サービス「個別パック」の販売を開始する。

 個別パックは、サイトロックが提供している監視/セキュリティソリューションパッケージの1つ。「Webパック」「Mailパック」「DNSパック」の3種類あり、各サービスの稼働状況や死活状況を24時間365日体制で有人監視する。障害発生を通知するほか、一次復旧対応を行うオプションサービスも用意している。

 同サービスについて、スターティアでは「(最低限必要な内容に限定したことで)費用を低価格に抑え、中小企業でも容易にITシステム選任の担当者を置くことと似た状況を実現できる」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!