データ復旧センター、コンピュータフォレンジックサービスを開始

CNET Japan Staff 2007年03月13日 19時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 データ復旧センターは3月12日、不正に使用されたPCなどを調査し、証拠となるようなデジタルデータの取得や復元、あるいは手がかりとなるような情報を整理・報告するコンピュータフォレンジックサービスを開始した。

 同サービスでは、媒体の証拠保全の出張サービスや、訴訟を前提としたサービスプランを用意。破壊行為を受けたPCや、経年劣化によって動作しなくなったPC、ハードディスク(HDD)からのデータの読み出しも可能という。

 サービスメニューはベーシックとアドバンスの2種類。ベーシックでは、調査と調査報告書の作成のみを行う。アドバンスでは、証拠の立証・反証性を高めたい場合や、秘密裏に調査を実施したい場合、調査対象のシステムを停止できない場合などに、調査員が出張しその場で媒体の複製作業を実施するというもの。

 同社は、フォレンジックツールの使い方をはじめ、HDD概論やファイルシステムの基礎講習が含まれるトレーニングコースも提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!