Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その5:いよいよ開始、オブジェクト作成

大槻透世二(デジタルハリウッド大学院) 2007年03月15日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(前回よりつづく)

 「カメラワークかぁ。これはものづくりだけではなく、普通に使えそうだな」

 「そうね、バーチャルの世界だからこそあるカメラワークだけど、逆にこの操作を手が覚えてしまえば、ものづくりのスピードは飛躍的にアップするわ」

 翌日の昼過ぎ、私は彼女から教えてもらった方法を一通りやってみることにした。アカウントをプレミアムアカウントに変更し、テクスチャをアップロードできるようにする。そして、支店用の土地を借り、支店に必要な機能をピックアップし、割り当てられたプリム数にその機能を振り分ける。なんとか、イメージが固まってきた。これは作れるかもしれない。確か、彼女にあの後教えてもらった方法だと・・・・・・。

基本構成単位「プリム」を取り出す

 Second Lifeに存在する建物や物体すべては、「プリム」といわれる基本図形から成り立っている(第3回参照)。そのプリムを変形、回転、移動、組み合わせることで、1つのオブジェクトを作り上げる。その一部にスクリプトを付け加えれば、アニメーション効果や特殊な表現も可能だ。しかし、すべての基本となるのはこの「プリム」だ。プリムには、島全体で使える数が1万5000という上限がある。

「Build」ボタン 「Build」ボタン

 それでは、まずプリムを出す方法だ。Second Lifeビューワ画面下にある「Build」ボタンを押す。または、地面の上を右クリックし、表示される円形のメニューから「Create」を選ぶ。

「Create」画面 「Create」画面

 すると、さまざまな図形が並んだ「Create」画面が表示される。この図形こそが「プリム」だ。この中から目的の図形を選び、マウスポインタを地面の上でクリックすると、プリムが出現する。では、1つ1つの図形を見てみよう。

全プリムを出したところ(デフォルトで木のテクスチャが貼られている) 全プリムを出したところ(デフォルトで木のテクスチャが貼られている)
a:「Box」タイプ--立方体や四角錐など。b:「Cylinder」タイプ--円柱、円錐。c:「Sphere」タイプ--球体。d:「Prism」タイプ--三角錐 a:「Box」タイプ--立方体や四角錐など。b:「Cylinder」タイプ--円柱、円錐。c:「Sphere」タイプ--球体。d:「Prism」タイプ--三角錐

 これらのプリムをさまざまなモードで変形させ、時には一部をカットし、複雑なパーツを作成する。それらのモードは、実際に作成する過程で随時紹介することにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!