CIJ、文書を安全・簡単に保管できるファイルサーバー、1サーバー75万円で

WebBCN (BCN) 2007年03月14日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CIJは3月14日、キャビネットに収納するように簡単にオフィス文書を管理できるファイルサーバー「Oficinamigo(オフィシーナミーゴ)」を3月30日に発売すると発表した。価格は1サーバーあたり75万円で、推奨ユーザー数は50-100ユーザー。別途、初年度のサポートサービス費用として年間15万円が必要。翌年度からは任意。

 簡単なドキュメント登録と、オープン/ロックを行うだけのシンプルなセキュリティ機能が特徴。「ブラウザで画面を開く」「キャビネットを開く」「ファイルをドラッグ&ドロップする」という3ステップでドキュメントの登録が行える。キャビネットは利用権限のある人のみ利用でき、それ以外のアクセスは不可能。管理者がキャビネットをロックすれば、利用権限がある人でもファイルを取り出すことができない。

 サーバー内は、データを暗号化しながら意味を持たない2つの断片に分散する「秘密分散法」で保管するため、万が一、不正アクセスが発生した場合も情報漏えいを防止できる。秘密分散ライブラリは、トラステッドソリューションズ製のライブラリを利用する。

 また、アマノのタイムスタンプサービスを利用し、ドキュメントの完成版に確定署名(タイムスタンプ)を付与することができるため、確かにその時点でドキュメントが存在したという「存在証明」と、それ以降ドキュメントが改ざんされていないという「完全性の証明」もできる。

 サーバーへのアクセスログは、キャビネットがロックされている間も、キャビネットごとにすべての操作を収集。収集したログはファイル名やアクセス種別などで検索・参照でき、キャビネットが保管される際に収集されたログを一緒に保管する。

 このほか、LIM(情報ライフサイクル管理)にも配慮し、タイムリーに文書破棄が行えるよう、保管期限満了前に管理者へ通知する。さらに、マイクロソフトの「Active Directory」との連動が可能なため、導入やユーザー管理も簡単に行える。

CIJ=http://www.cij.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!