日立、Windows Mediaと接続できるストリーミング専用ストレージを開発

CNET Japan Staff 2007年03月14日 14時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所のシステム開発研究所は3月13日、Windows Server 2003 R2, Enterprise EditionのWindows Media サービス 9 シリーズと接続することでビデオオンデマンド(VoD)サービスの配信性能を向上させられるストリーミング専用ストレージの試作機を開発したと発表した。

 同機は、ストレージにストリーミング専用カーネルと専用のストリーミングエンジンソフトウェアを組み込むことで、Windows Server 2003 R2のWindows Mediaサービス 9 シリーズと連携し、ストレージから直接映像を配信できる。検証の結果、配信機能を持たないストレージを接続した場合と比べて、コンテンツの同時配信数が3倍以上に向上することがわかったという。

 試作器に搭載したストリーミング専用カーネルには、(1)ゼロコピーI/O機能、(2)映像配信優先のタスクスケジューリング機能、(3)データ安定配信機能――の3つのストリーミングに特化した機能が搭載されているという。

 また今回の試作器は、ストリーミングエンジンソフトウェアの配信機能により、Windows Server 2003 R2のWindows Mediaサービス 9 シリーズと完全互換なプロトコルでコンテンツ配信を行う。

 本試作機からコンテンツ配信を行った場合も、Windows Media Playerでコンテンツを再生できるため、ユーザー側で専用ソフトウェアの準備や特殊な設定を行う必要がない。この結果、既設の配信システムの性能向上が、ストレージの交換や増設だけで可能なため、低コストで実現できるようになるという。

 試作器は、3月15日からドイツ・ハノーバーにて開催されるCeBIT2007に出展する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから