インフォテリア、ASTERIAシリーズ新版4.0.1を出荷--フィード取得が可能に

CNET Japan Staff 2007年03月14日 14時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォテリアは3月13日、ASTERIAシリーズ「ASTERIA WARP」「ASTERIA WARP Lite」の最新版4.0.1の出荷を開始した。

 今回の新版では、Windows VistaとSolaris 10に対応。ブログやニュースサイトなどが配信するフィードを取得できるようになったほか、ブログサービスにエントリーを投稿できるようになった。

 ASTERIAは、マルチプロトコル、マルチフォーマットのデータ変換を行い、異なるシステム間、データフォーマット間での相互接続をノンコーディングで実現する、一連の製品群からなるソリューション。

 ASTERIA WARP Liteは、ASTERIA WARPの機能である「パイプライン機能」に特化した製品。ステージごとに必要なアクションだけを選択して導入することで低価格を実現しているという。ビジネス環境の変化に応じてASTERIA WARPへのアップグレードも可能となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?