北海道銀行、NTTコムウェアのフィッシング対策「PHISHCUT」を採用

CNET Japan Staff 2007年03月14日 20時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコムウェアは3月14日、北海道銀行が電子透かし技術を利用した同社のフィッシング対策ソリューション「PHISHCUT(フィッシュカット)」を採用し、3月15日から同行ウェブサイトでの利用を開始すると発表した。

 今回のシステム導入で同行のウェブサイトに電子透かしが埋め込まれ、フィッシュカットが正規のウェブサイトかどうかを判断。疑いのある場合は警告を出してフィッシング詐欺から顧客情報を守れるようになるという。

 フィッシュカットは、利用者の専用ソフトと認証システムとで連携して認証するサービス。フィッシングサイトの検出や、ログインID、パスワードなどの重要情報のフィッシングサイトへの送信を防止する。

 認証システムと専用ソフトのダウンロードサイトはNTTコムウェアが提供するASP方式で、短期間で導入でき、初期導入費用もかからないという。専用ソフトが自動的に認証し、利用者もソフトをインストールするだけで利用できる。

 NTTコムウェアでは、今後金融機関に対して積極的な展開をし、2008年3月末まで1億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR