ジャスト、企業向けXMLアプリフレームワーク「xfy Enterprise Edition 1.5」を発売

柴田克己(編集部) 2007年03月15日 16時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは3月14日、企業向けXML開発フレームワークの新製品である「xfy Enterprise Edition 1.5」を発表した。発売は3月23日で、世界同時出荷される。

 xfy Enterprise Edition 1.5は、企業内外にあるあらゆるタイプのデータをXMLで一元化し、データの作成、共有、活用を行うためのアプリケーションフレームワークとなる。具体的な製品は、クライアント環境、サーバ環境、開発環境、および各種データソースとの接続を行うためのアダプタから構成される。

 クライアント環境となるxfyランタイムの最大の特徴は、プラグインアーキテクチャの採用によってあらゆるタイプのXMLデータを解釈し、処理することが可能な点である。複数のボキャブラリを実行時に組み合わせ、階層構造を持たせた上で、それらを直接編集できる。XHTML、SVG、MathMLといったボキャブラリのコンポーネントが標準で用意されているほか、企業が独自に利用しているXMLのボキャブラリコンポーネントを、開発環境である「xfy View Designer」等で開発し、利用することも可能だ。

xfyアプリケーション例 xfy Enterprise Edition 1.5を利用した業務向けアプリケーションの例。デモでは、XMLデータの入力、集計、分析、レポーティングをxfyのクライアント環境上で行い、その結果がダイナミックにデータベースに反映されるという一連の流れを披露した。

 14日に行われた発表会では、xfy Enterprise Editionによる実際の業務アプリケーションの例として、業務記述書、フローチャート、リスクコントロールマトリクスなどがダイナミックに連携する「J-SOX法対応文書化ツール」や、営業業務と関連した日報や取引実績などのデータをxfy上で統合し、多様なドキュメントを生成したり、分析をしたりする環境を披露した。

ジャストシステム代表取締役社長の浮川和宣氏 ジャストシステム、代表取締役社長の浮川和宣氏。

 ジャストシステム、代表取締役社長の浮川和宣氏は、「企業を取り巻く環境は大きく変化しており、あらゆる業種、業務がその変換に巻き込まれている。xfy Enterprise Edition 1.5は、その変化に迅速に対応できるよう企業活動を激変させ、成功を生み出すための基盤となる製品」とした。

 また、執行役員xfyエンタープライズ事業本部長の田上一巳氏は、今後のビジネス展開について触れ、内部統制、エンタープライズダッシュボード、情報統合、業務文書化といった複数のセグメントで、パートナーとの協業が順調に進んでいると述べた。現時点で、ワールドワイドで約40社とのパートナー契約を完了しており、今後も拡充を続けるという。同社では、5月下旬に開催されるプライベートイベントで、xfyを核にした企業向けパートナーソリューションの成果を披露する予定だ。

 xfy Enterprise Edition 1.5の価格は、750万円(1サーバ/50クライアント:税別)より。DB2 9、Oracle Database 10gとの接続機能を提供するxfy Adapterが各100万円(税別)より。なお、Lotus Notes/Domino向けの接続オプションについても将来的に提供する意向を明らかにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!