ITサービス、4月1日に「東芝ITサービス」へ社名変更、サポート事業を拡大

WebBCN (BCN) 2007年03月16日 12時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ITサービスは、4月1日から社名を「東芝ITサービス」に変更し、ITシステム のサポートサービス事業を強化・拡大すると発表した。「提案」「設計」「構 築」「保守」「運用」といったシステム全体の一貫サポートのニーズが高まる 市場に対応する。

 「東芝」を付けた新社名に変更することで、対外的に東芝グループの一員で あることを明確に打ち出す。また、親会社である東芝ソリューション(梶川茂 司社長)と一体となって事業を行うことで、顧客満足度の高いサービスの提供 を目指す。同時に東芝のグループ会社と連携し、海外でもサポートサービス事 業を展開する。

 ITサービスは、東芝グループの一員として46年間、コンピュータシステムの ハードウェア保守・運用を主力事業として、東芝や他社製品などのサポートサー ビス事業も展開してきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?