ユニシスグループ、OSS/Java関連ビジネスを強化--3年後に300億円

CNET Japan Staff 2007年03月16日 13時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシス、日本ユニシス・ソリューション、およびユニアデックスは3月15日、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用したミッションクリティカルシステム向けのシステム構築・サポートサービスを強化すると発表した。

 日本ユニシスグループは、メインフレームによるシステム開発ノウハウを生かし、Linux/OSS/Java EEをWindows/.NETと並ぶ成長路線の2本柱と位置付け、ミッションクリティカル分野向けサービス体制を強化する。

図 同社が提供するミッションクリティカルシステム向けのOSSサービス
※クリックすると拡大画像が見られます

 今回のサービス提供にあたり3社は、OSS-COE(OSS Center of Excellence)を新たに設立する。OSS-COEは、利用技術の蓄積と活用、ミッションクリティカルシステム向けOSSプロダクトの開発を担い、OSSを基盤とするビジネスを推進する。

 今後OSS関連で強化する商品について(1)MIDMOST for Java EE、(2)AtlasBase、(3)NewDB――の3つを挙げている。

 (1)は同社が独自に開発したミドルソフトウェアをJavaに対応させたものであり、5月に提供予定としている。(2)は同社グループで利用技術を蓄積したシステム開発基盤のコンセプトであり、6月に提供予定。(3)は、米Unisysと共同開発しているOSSのデータベースだ。

 2年後までにOSS関連技術者を計1500人に増強する。売上高では3年後に、OSS関連事業で300億円規模を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!