TIS、グループウェアとモバイル端末のデータ同期ASPサービス--複数キャリアに対応

ニューズフロント 2007年03月19日 20時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TISは3月19日、グループウェアの各種情報とモバイル端末を同期できる法人向けASP型サービス「SynCube」を4月16日に開始すると発表した。異なる通信キャリアおよび端末の混在が可能な、国内初のモバイル同期サービスという。

 SynCubeを利用すると、グループウェアの予定表、アドレス帳、ToDoリスト、メモを、携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末と同期できる。グループウェア経由のメール送受信も行える。ASP型サービスなので、初期投資と管理/運用コストを抑えられる。

 インテリシンクのデータ同期プラットフォーム「Intellisync Mobile Suite」をベースとしており、複数の通信キャリアと契約していてもサービス利用が可能。遠隔操作で端末の情報を削除できるため、端末紛失時の情報漏えいを防止できる。

 対応するグループウェアは、Lotus Notes/Domino R6からR7、Microsoft Exchange Server 2000および2003。利用可能なモバイル端末は、Willcom W-ZERO3、同W-ZERO3[es]、Softbank 702NK II、同X01HTなどWindows MobileまたはSymbian OSを搭載する機種となる。

 価格は、初期費用が5万円から、月額費用が1ユーザー当たり1800円。TISでは、今後3年間でのべ約10万ユーザーの獲得を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから