日本ユニシス、eラーニング製品に学習意欲の維持支援する「メンタリング」機能を追加

ニューズフロント 2007年03月19日 21時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは3月19日、学習管理システム「RENANDI(レナンディ)統合eラーニングシステム」に、学生の学習意欲維持を支援するメンタリング機能を追加し、3月20日より提供開始すると発表した。

 RENANDIのメンタリング機能では、感情面での支援担当者(メンター)が学生に指導、助言を行うための手引書と、学生とのコミュニケーション状況を複数のメンターが把握するための情報共有サービスを提供する。

 また新たに「カルテ/フィードバック機能」を搭載。教員が記入した学生の学習態度などのコメントと、学生に通知したフィードバック情報を、教員同士で共有できるようにした。このほかメンター向けの資料として、学生ごとの教材参照回数や参照日時、学習時間、点数、進ちょく状況などを一括して確認できる「学習進捗状況参照機能」を用意する。

 RENANDIの対応OSは、Windows XP、Windows Server 2003、Red Hat Enterprise Linux、CentOS。アプリケーションサーバにTomcat、データベースサーバにPostgreSQLを必要とする。日本ユニシスでは、メンタリング機能付きのRENANDIを、教育機関のほか自治体、企業にも提案し、今後3年間で60セットの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!