Red Hatの逆襲とショッカーの逆襲(新着ブログより)

飯田哲夫(電通国際情報サービス) 2007年03月19日 20時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Red Hatの逆襲とショッカーの逆襲

 Oracleが「Unbreakable Linux 2.0」と呼ばれるRed Hat Linuxのサポートサービスを発表したのは去年の10月であった。これは、Oracleがソフトウェアのスタックをアプリケーション・レイヤーへと上るだけではなく、OSレイヤーへと下っていこうという意思と見ることができる。そうした状況の中、Red Hatはついに逆襲の手に出た。それが、「Red Hat Exchange」である。

 ZDNetの記事によれば、「Red Hat Exchange」とは、Red Hat がそのブランド力のもとに、パートナー企業のオープンソースの「ソフトウェア販売、サポートの提供、ソフトウェアアップデートの配布を同社のRed Hat Netowrkを通じて行う」ものだという。また、参加企業には、「Enterprise DB、JasperSoft、SugarCRM、Zenoss、Zimbra、Zmanda、Compiere、Groundwork Open Source、Centric CRM」といった企業が含まれる。

全文はこちら--「エンタープライズニュースの読み方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!