サイボウズ、内部統制支援「ガンマエンジン・フォー・サイボウズ」を出荷

CNET Japan Staff 2007年03月20日 19時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズと同社子会社のブリングアップは3月19日、内部統制支援システム「ガンマエンジン・フォー・サイボウズ」(ガンマエンジンFC)の出荷を開始した。

 新製品は、内部統制の実施状況と内部監査の記録にかかる作業を手軽に実施できるようにし、内部統制全般を支援するシステムとして開発された。サイボウズのデータモデルが基盤となり、専門的な知識がなくても内部統制関連の文書を手軽に管理できるようになるという。操作はすべてウェブ画面上で行う。

 セキュリティ面では、利用者のログイン情報や書込み情報などのログ管理、利用者のアクセス権設定機能などを搭載した。「サイボウズ Office」および「サイボウズガルーン」との連携機能を強化している。

 日本版SOX法で整備が必要になるRCM(リスク・コントロール・マトリクス)では、販売管理、財務管理、購買管理、給与管理、生産管理、資産管理、財務管理などのテンプレートが用意されている。

 税別価格は500万円。1年間で50社以上への導入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから