東芝コミュニケーションシステム、アバイアのSIPテレフォニーを導入

CNET Japan Staff 2007年03月22日 13時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アバイアはこのほど、東芝コミュニケーションシステムサービス(TCSE)にSIPベースのIPテレフォニーシステムを納入したことを発表した。

 このIPテレフォニーシステムは、「Avaya S8720 Media Server」「Avaya G650 Media Gateway」「Avaya SIP Enablement Service」から構成される。TCSE本社にIPテレフォニーシステム2組を設置して冗長化し、オフィスにSIP電話機「SP-1020」を導入した。

 すでに東芝本社ビルに約1万2000回線が導入されており、高信頼性が実証されている点などを評価しての採用となった。

 TCSEは、今後全国の支社やサービスセンターにもIPテレフォニーを導入し、IPネットワークと音声システムの一元管理を予定している。携帯電話を活用したモビリティソリューションでさらなる業務効率化を図るほか、アバイアのテレフォニーソリューションとCRMシステムの連携も検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR