OBCと豆蔵OSHD、会計関連のコンサルティング事業で合弁会社を設立

ニューズフロント 2007年03月22日 20時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 会計システム開発のオービックビジネスコンサルタント(OBC)と、連携納税システム開発を手がける豆蔵OSホールディングス(豆蔵OSHD)は3月22日、会計関連のコンサルティング事業を行う合弁会社を設立した。新会社では5月1日より、OBCと豆蔵グループのソフトウェア製品を利用して顧客企業の財務プロセス管理を支援する。

 合弁会社の名称は「プログレス・パートナーズ」。資本金は7500万円で、出資比率はOBC、豆蔵OSHDが各40%。取締役と従業員が残り20%を保有する。代表権のない取締役会長をOBCの和田成史社長が、代表取締役社長を豆蔵OSHDの荻原紀男社長が務める。

 新会社では、内部統制の整備を目指す中堅以上の企業を対象に、財務と事業管理の可視化(見える化)に関するコンサルティング・サービスを提供する。またM&A、デューデリジェンス、株式公開(IPO)などの支援も行う。

 具体的には、豆増OSHD子会社から連結納税システム「連結納税TAX-Saver」の販売、保守、運用を引き継ぐ。これに加えOBCの基幹業務パッケージを使ったシステム導入のコンサルティングを展開する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?