インサイトテクノロジー、情報漏えい監視システム「PISO」最新版でSQL Serverに対応

ニューズフロント 2007年03月23日 16時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インサイトテクノロジーは3月23日、データベース向け情報漏えい監視システムの最新版「PISO Ver3.1」の出荷を開始した。新たに、Microsoft SQL Serverを監査対象データベースに加えた。

 PISOは、データベースへのアクセスを記録し、不正アクセスの防止や発見を図るシステム。不正アクセスのリアルタイム監視、監査ログの追跡/分析などが行える。

 最新版は、SQL Serverの監査に対応した。これにより、Oracle DatabaseとSQL Serverが混在するデータベース環境でも、監査が可能となった。

 SQL Serverから監査ログを取得するには、SQL ServerのProfiler機能を使わなければならないが、同機能はパフォーマンス劣化を引き起こすおそれがある。そこでPISO Ver3.1は、パフォーマンスに影響を及ぼす状態を検知することで、パフォーマンス劣化を自動回避する。また、SQL Serverの監査ログをメモリから取り出し、パフォーマンス劣化を軽減している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR