日商エレ、SAN/NAS両用ストレージ製品「Pillar Axiom」

ニューズフロント 2007年03月23日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日商エレクトロニクスは3月23日、SAN/NAS両プロトコル対応のストレージシステム「Pillar Axiomストレージシステム」の販売を開始した。価格は2600万円からとなる。

 Pillar Axiomは、米Pillar Data Systemsの製品。SANおよびNASという両環境のデータを単一ストレージシステムに統合できる。そのため、管理作業の一元化と、導入や管理コストの削減が可能という。

 システムを二重化しており、信頼性と安全性が高い。仮想テープライブラリ機能、データ書き込み後の書き換えや消去を防ぐWORM機能、リモートデータコピー機能などにも対応できる。

 記憶容量は、数テラバイトから400テラバイト以上。ソフトライセンス費用は1システム固定となっており、記憶容量によるライセンス費用の増加などはない。

 日商エレクトロニクスでは、初年度6億円の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから